交通事故の解決

交通事故の示談で関わる業者

事故

自動車で歩行者にぶつかると交通事故として見なされます。自動車が加害者で歩行者が被害者になります。重大な問題ではありますが、裁判所に持ち込まれる事はほとんどありません。加害者が被害者にお金を支払う事で解決を図るからです。 しかし加害者が心の底から申し訳ないと思っていても、被害者の望む金額が支払われるとは限りません。なぜなら支払いを担当するのは、加害者の契約している保険会社だからです。保険会社に交通事故の当事者の気持ちは関係ありません。なぜなら当事者が気持ちのまま行動する事で、影響を受けるのは保険会社だからです。 保険会社が望む事は出来るだけお金を支払わない事です。よって被害者側も交渉をプロに任せたいと考え、弁護士の雇用が当たり前になりました。

保険会社と弁護士のサービスに関する事

交通事故の示談は保険会社と弁護士になる事がほとんどです。被害者と加害者が関わらないで話を進められるのは、彼らのサービスが関係しています。 まず保険会社のサービスとは、誰かの代わりにリスクを肩代わりする事です。今回の場合であれば自動車の利用者が、事故を起こす危険性を引き受けています。交通事故が起これば大損害に発展して、加害者の領分を大きく超えた事態になりかねません。それを避けるために自動車の購入時に、保険会社と契約を結ぶ必要があるのです。 弁護士は被害者の依頼を聞く事で、サービスを展開しています。弁護士が依頼主に提供しているのは、膨大な法律についての知識です。問題が大きくなった場合の損害を計上する事ができます。 以上のサービスを双方が展開しているから、話し合いは業者だけで可能なのです。